長期間ログインされておりません

麻雀ゲーム/麻雀アプリ トップ画像

∠TOPPAGEへ 麻雀ゲーム/麻雀アプリ
∠このページは 麻雀の基本の組み合わせ
∠麻雀ゲーム/麻雀アプリ遊び放題 コチラ

麻雀は「役」を作って上がりを競い、最終的には点数で順位を争うゲームです。14枚の牌をどのように組み合わせたら良いのか?このページでは麻雀の牌の基本的な組み合わせ方について記載しています。
牌の呼び方はコチラ

順子(しゅんつ)
一萬二萬三萬 数字の1・2・3
四萬五萬六萬 数字の4・5・6
七萬八萬九萬 数字の7・8・9

同じ柄の牌を数字順に並べ、上記のように3連続を一組にします。
チーで「鳴いて」も作れます。
刻子(こうつ)
三萬三萬三萬 数字の3・3・3
六萬六萬六萬 数字の6・6・6
九萬九萬九萬 数字の9・9・9

同じ柄、数字の牌を三つ集めて一組作ります。字牌でも出来る。
ポンで「鳴いて」も作れます。

南南南 字牌の南・南・南
中中中 字牌の中・中・中
対子(といつ)
アタマ(雀頭・じゃんとう)とも。麻雀の手の中に必ず一つ必要になります。

二萬二萬 同じ柄、同じ数字のペア
中中 同じ字牌のペア

麻雀の手の基本
麻雀では「四面子一雀頭」(よんめんつ・いちじゃんとう)の組み合わせが基本になります。上記で作った順子や刻子、対子(アタマ)を組み合わせて手の内の牌を揃えてゆきます。

中中 アタマ
三萬四萬五萬 面子(1)
七萬八萬九萬 面子(2)
一筒一筒一筒 面子(3)
南南南 面子(4)

一列に並べると…
中中三萬四萬五萬七萬八萬九萬一筒一筒一筒南南南
このようになります
アタマ+面子を四つ作成します


麻雀の手の作り方

麻雀では「一枚山から牌を引き、要らない牌を捨てる」事で自分の手の内を整えてゆきます。山から牌を引く事を「ツモ」と言い、「ツモる」などと言います。

★一番最初、親(東家)は捨て牌から始めます。(持ち牌14→13枚)
↓↓
南家は一枚ツモり、(持ち牌14枚)手の内には不要な牌を捨てる。(持ち牌13枚)
↓↓
西家は一枚ツモり、(持ち牌14枚)手の内には不要な牌を捨てる。(持ち牌13枚)
↓↓
北家は一枚ツモり、(持ち牌14枚)手の内には不要な牌を捨てる。(持ち牌13枚)
↓↓
親(東家)に戻る。一枚ツモり、(持ち牌14枚)手の内には不要な牌を捨てる。(持ち牌13枚)
↓↓
南家は一枚ツモり、(持ち牌14枚)手の内には不要な牌を捨てる。(持ち牌13枚)

以後繰り返しです。
西
北                            南
東
東→南→西→北
左回りにツモ→捨て牌を繰り返します。
★親は一番最初はツモしません。
親(東家)の捨て牌からゲーム開始です。
▲ページ上部へ

麻雀ゲーム/麻雀アプリ
TOP_PAGEへ